寒いだろな〜と思い

冬装備をしっかりと準備していきましたが

まったく必要ない日和となったMTB全日本選手権

朝は、マッキーとレイトくんと楽しく試走

卓越されたパワーと技術を兼ねそなえたレイトくん

地道な練習に裏付けされたマッキーの走り

シクロクロス富士山大会で

ダメダメマッキーだったのに

今日は全然違う走りっぷり

聞くと

数年に1回、まったく走れない時があって

ちょうど富士山大会はその日だったそう

ということは

アドバンスクラス

1位レイトくん 2位はマッキーか!

な〜んて おちょくりましたが

笑ってはいましたが

目はマジ なんですけど〜♪

これは狙っているオーラMAX!


レイトくんのレベルならE-1完走レベル

普通に走ればアドバンスは優勝

独走か!と思いましたが

かなり見応えのあるレースとなった

先頭を走っていたレイト選手にBBQ宮澤選手が追いつき激しいバトル展開
3位独走楽しく走る お友達ライダーCOGS マッキー


最後尾スタートのレイトくんとマッキー

1周目前半に2人とも上位に着け

2周目にはレイトくんとBBQ宮崎選手

少し遅れてマッキー4番手

3周目 レイトくんと宮崎選手どっちも譲らないバトル

マッキーは3位独走 後ろも前も誰もいない状態で

ニコニコ笑って楽しそうにライディング

最終回、最後の林内シングルトラックで

宮崎選手痛恨の落車

レイトくんそのまま逃げ切って優勝!

マッキーは危なげなく3位入賞!

面白くって

自分の準備そっちのけでレース観戦してしまった!


さて、いくら練習不足とはいえ

年代別なら入賞ぐらい大丈夫だろうって

高をくくっていた自分

見事撃沈!

50代に、アテネオリンピックMTB元日本代表の竹谷選手や

速い選手が歳を重ねてやってきていた

さらに、ついこの間まで

E-1上位に入っていた

MTBプロライダー 山本選手が

マスター参戦って



聞いてないよ!!!!!!!!



さらに気合い十分のおじさん盛りだくさん!

スタートして

気合い入れすぎた

おじさん数名が接触落車しそうになったり

チェーン切れたりしています

それをよけながらスタートし

折り返しで後ろを確認すると3人しかいない!

いくらスタートダッシュが遅いからって

遅すぎなオレ

下りが終わり登坂に入り

少しずつ順位を上げ

1周回が終わる頃にはたぶん全体の

真ん中ぐらいには上がった

コントロールライン後

ゲレンデ登坂で前にいた数人の選手をパス

2周回に入ると前の選手はまばらになり

追いついても簡単にはスルーさせてもらえず

チャンスを見計らってパス

重鎮VOLCAオードビーBOMA 殿下に追いつき

しばらくランデブー

3周目の登坂でつききれず

マウンテン☆ポテト松尾 選手と

着かず離れずのランデブー

4周目に入る直前アナウンスでは

トップ山本選手が後ろ5分ほどのところを走っているようで

足きりギリギリで入れた

シングルトラック登坂でお友達ライダーの

サワサワさんをスルーし

後続松尾選手に追いつかれそうになりながらゴール

自分より年上のTeam ARIのアリ選手にも

大差をつけられ

世の中そんなに甘くない と

痛感したレースとなった

E-1上位レベルの選手参入で

高いレベルになった全日本マスタクラス

完走率は50%

さらにパワーをつけなければ

楽しめないレースになった


そんな なか

お友達ライダー E-1クラス

スワコレーシング 聖さんから

わざわざ お別れの挨拶があった

今日で辞める との事

追い込むと

夜、心拍が上がって

苦しくて寝れなくなる らしい

こういった レース出場は

もう出ないとのこと

彼の中で

MTB最高峰E-1クラスで

戦うことが楽しいとするならば

それ以外の選択肢はないんだな〜

と ちょっとさみしく感じつつ

自分も人ごとではないわけで

体と対話しながら

どう追い込んで速くなるか

老化かと進化との両立

これから先、ず〜っと続くんだな〜