2日間に渡って開催される

シクロクロス飯山大会

例年ナイターレースだったのですが

今年は午後執り行われ

暗くなってのレースは一部となり

C-1は2番目と早めのレースでありがたい

さらにありがたいことに

今年はドライコンディション

スタートしてダートに入ると

水がまかれたマッド区間になり

選手を苦しめる

そこをクリアすると

後はスベルところは皆無で

リズムに乗りやすい

ただ、ワールドクラスの実力を持つ

ブリジストンサイクル 時選手の出場で

周回遅れ確実で

80%ルールが適用されれば30分程度で脚切りとなるが

幸い、適用されず最後まで走らせていただける

前回、マキマキマッキーにしてやられたので

リベンジ!と思ったですが

スタートしてのマッド区間で

前の選手がミス

そこに突っ込んで

たぶん、前転 

サドルもあっちの方角を向いていたので

走りながら直す始末

ドンケツから2番手と幸先悪く

さらに自分より前はかなり先

結局、その1周目はリズムに乗れなく

ミス連発して2周目に入った

「落ち着け!」と自分に言い聞かせ

ミスを最小限にしてリズムに乗る走りを心がけ

とにかく前の選手を追う

徐々に、数人クリアし

時選手にラップされる前には

中盤あたりの順位まで上げられた

時選手にはアスファルト区間でラップされ

後ろにしがみつき、風よけにさせていただく

ワールドクラスの走りに着いていけたのも200mほど

ピットエリアでたまらず離脱し一人旅

その後は、周回を重ねるごとに

リズムに乗った走りができたものの

疲れが出て脚に力がなくなり

前の選手も縮まる気配無く

後ろの選手に追いつかれる感じでもなく

目標だった、マキマキマッキーへのリベンジは

到底かなわず終了

落車しなくても

マキマキマッキーにはついていける

レベルではなかったかな〜

見出し写真はL1 C2 M40 M45スタート