昨日、コース最終設営が行われ

立派なコースが出来上がりました!

仕事のため自分は参加できませんでしたが

設営に協力された方々ご苦労さまでした。

大会当日は、SNSでの告知や

(株)日本金属化工所さんの大盤振舞の賞品提供で

上山田大会史上、過去最高と思われる参加人数で大賑わい

ほぼすべてのカテゴリーで

仲間や知り合いの出走で

応援にも力が入り、また

自分の走りにも気合いが入ります!

最前列中央に並ぶチャンピオンジャージを身につけたBSトキ選手とTeam S1NEO LOUDEAC ライト選手


C-1は出走23名

スタート後の200mほどのアスファルト

ドンケツから2番目に落ちましたが

集団に着いていきダートに入る

2コーナ目で落車がありましたが

良い感じでクリアし

序盤いつも遅れる

自分としては超出来!

スワコレーシングのコサカ選手やカネコ選手がいる

その前のパックとは徐々に遅れ、力の差を感じますが

これが今の実力

序盤の落車で遅れた選手もすぐに合流し

パスされますが

その前の集団には追いつけない感じ

シュケイン後のカーブで

信大自転車競技部OB お友達ライダーの カケルくんが単独落車

変わって先頭に出たのは

お友達ライダーのteamYOUCAN オオクラ選手

スワコレーシングのヤマダ選手

ProRide オサミ選手

Jrカテゴリーのイナーメ信濃山形 ナガミ選手の面々 

序盤の第2パック。やや遅れて落車したカケルくん


オオクラ選手が遅れると

変わってオサミ選手とナガミ選手が出て

スピードアップ

この2人になんとか着いていきますが

自分としてはオーバーペース

ヤマダ選手は力をつけたようで

先頭に躍り出たり

遅れたかと思えば復帰を繰り返してます

ProRide オサミ選手とイナーメ信濃山形 ナガミ選手に必死に食らいつく


Jrカテゴリーの40分が終わる頃

力尽き離脱

やや後ろにいたカケルくんのパックに合流合体

オーバーペースが徒となり

カケルくんのスピードアップに着いていけませんでしたが

スピードを落としてくれ再合体

なんとかしがみついている感じ

やや後にいたヤマダ選手と

ROND CX TEAMイイダ選手のパックは

着きず離れず

トップで走る

ブリジストンアンカー トキ選手が

後ろに近づき 

完走目指し我慢の走り

自分はバイクを支える力がなくなり

ミスが多くなり始めます

ラスト2周目

サンドエリア手前の連続S字で転倒

すぐに復帰しましたが

ヤマダ選手にパスされ

その差は広がり

トキ選手も近づいてくる

踏めるところは踏み

カーブは慎重にミスをしない走りに徹し

なんとか、ラップされず

ラスト1周回に持ち込め

応援する仲間から賞賛!

やや後で走る イイダ選手までの

17名が完走となった

注目のトキ選手と

お友達ライダー Team S1NEO LOUDEAC ライト選手の戦いは

トキ選手の勝利

ライト選手が終盤まで粘っていたようなので

熱い戦いは大いに

観客を盛り上げたことでしょう


次は今月26日南信州で今期最終戦

寒さに負け、走り込みできていない今日この頃

さてどうなる?!

乞うご期待!

走り終えたゆかいな仲間たち


写真の詳細はFBでどうぞ!