いよいよ今期初レース

新設された JBCFマスタークラス

定員50名の40歳以上のおじさんの部

あたまのおかしいトップ E-1の選手は

少なくとも、こちらにエントリーしないハズ!

会場には、ちょうどユース出場のボンシャスACA

長野県在住自称アスニートのライトくんがいたので

おしゃべり

彼はシクロクロスU-17日本代表に選ばれ

本日、ユースの優勝候補の1人です

3年前のシクロクロス飯山大会で

一緒に走って以来の仲です!

その後、彼は進化、自分は老化して

遊んでもらえなくなりました!

レース前は晴れていましたが

始まる頃には小雨が降ったり止んだり

涼しく、自分としては最大限のパフォーマンスを発揮できそう

ユースの3分後にローリングスタート

S字カーブの下りが終わりリアルスタート

1人の選手が逃げ

それを追うように棒状1列

心臓破りの坂で集団になり

どうも逃げが容認された様

逃げた選手はまったく見えなかったです

2周目に入り集団は落ち着いており走りやすい



S字カーブのつなぎ目に空いた穴にフィット!

ショックでボトルが落ちた

それも2本全部

さらにフロントブレーキの遊びがなくなった

さらにさらにしばらくして

チェーンが落ちた

万事休すか!!!

と思いましたが

FDをインナーに落とし

クルクル回したら復帰

第一集団も長く伸びており

無事復帰 心臓破りの坂が終わる時には前の方へ

写真はふぉとふぉと館さんより拝借

さて、サポートがない中

水をどうするか

頭の中では

①一緒に走っている選手に融通してもらう

②サポートエリアで他の選手に差し出してるボトルを奪い取る

(ドロボーじゃん!)

③落としたボトルを拾う

拾うにしても、落ちているところを確認しなくては

始まらない

ちょうどMOTOがユースの審判で目の前にきたので

心臓破りの坂で併走し

水をもらえないか相談

COMカーが持っているとのこと

相談している間に集団の先頭が行ってしまって

慌てて追いかけたが

水が手に入らない状態で

頑張ってしまうと命取り

バックストレートが終わり

後ろを振り返ると50~70mぐらい後方に

COMカー

ということで

ムリに第1小集団を追いかけず

すぐ後ろに続く第2小集団に合流

3周目は落としたボトルを探しながら

COMカーとの合流の機会を待つが

落としたところにはボトルなし

その先に

他の選手が落としたコーラと覚しきボトル

さらにその先にボトルがコース脇にあった

次の周、そのボトルを拾ったら

空だった・・・

慌てて追いかけ復帰

ヤバい

そろそろ飲まないと

これはヤバい

と思っていたら

COMカーが前の方に行ってくれた

ラッキー♪

「ボトル落としてしまって、水もらえませんか」

って声を掛けたら

500mlのペットボトルをいただいた♪

フタがスクリューのヤツ

ボトルゲージに差し込んだら

絶対落ちるヤツ

しゃーないですね

もらっただけでありがたいと感謝しなくては

スクリューのフタを開けて

一口飲んで

背中のポケットにインストール

この間、だいぶ後ろに下がってしまいましたが

水も手に入ったことだし

頑張って小集団の後ろに復帰

このグループ、登坂が遅く

自分としては普通に登坂しても差が開いた

心臓破りの坂で、差がついたところで

水を飲み、背中のポケットに入れ

バックストレートで小集団に復帰するを

毎周回続けます

写真はふぉとふぉと館さんより拝借

小集団は徐々に人数を減らし4人

ローテをしながら周回を重ね

ラスト3周回目の水補給

ボトルのインストールを失敗して

落として しまた!!!!

飲んでいくにつれ、軽くなり

背中のポケットに入れづらくなって

落ちちゃいました

あ~あ 

また、やっちゃたw

ラスト2周目の心臓破りの坂で

仕掛けようと思っていましたが

水がなくなり、諦め、後ろで温存

最終回で仕掛けることに

この小集団をコントロールしている

湾岸のイイジマ選手

ゴールスプリントが弱い自分は

勝てそうになく

登坂で仕掛けるしかない

最終ラップ、心臓破りの坂を

渾身の力で登坂しましたが

相手も引き離されまいと

離れることなく頑張る訳で

結果、1人落ち

自分含めた3人のゴールスプリントとなり

3番目でゴール!の11位

いろいろハプニングはありましたが

久々に楽しい!!と思えた

JBCFレースでした!

ユースで3位に入った、長野県在住ボンシャンスACAのライトくんと 
(photo:ふぉとふぉと館さんより拝借)