2015年7月15日(日本時間)にマイクロソフト社が提供しているOS「Windows Server 2003」のサポートが正式に終了しました。
OSのサポート終了後は、新たな脆弱性が発見されても修正プログラムが提供されないため、脆弱性を悪用した攻撃を受 け、「サーバが乗っ取られる」「業務が停止する」「機密情報が漏洩する」などの被害に遭う可能性があります。

「Windows Server 2003」を利用するシステムは、後継OS(Windows Server 2012など)への移行が求められておりますが、お悩みの方はお気軽にテクニカルパートナーまでご連絡ください。