人を知る社員インタビュー

テクニカルパートナーで共に学び、成長し続ける仲間を紹介します。

諦めの悪さが結果につながる

ソフトウェア開発K.S.2020年入社

仕事内容

入社当時
ビジネスマナー研修の受講
接客・電話対応を行いながら、先輩社員のプロジェクトの手伝い
手順書作成・構成図作成
現在
AWS技術者として、システムのインフラ構築を担当
プロジェクトのシステム環境をAWSでコードを作成し構築

1日のスケジュール

午前
  • 部内ミーティング(昨日の業務内容報告、今日の作業予定確認)
  • 業務開始 / 担当システムの構築
午後
  • 業務再開 / タスクごとに業務を実施/不明点を上司に相談
  • コードの見直し・修正・試験
  • 業務終了前に部内ミーティング

厳しさとゆるさの絶妙なバランス

学生時代はゲーム開発系の専門学校でプログラミング言語を学んでいました。自分の得意なプログラミングを活かしながらさらに幅広い技術を学び、触れることができる環境が整ったテクニカルパートナーの存在を知り、入社に至りました。現在はAWS(Amazon Web Services)関連の仕事を担当して、コスト管理や新システムの開発に取り組んでいます。

入社して感じたのは、バランス感覚の大切さ。厳しさとゆるさの共存がちょうどよいバランスで保たれた職場だなと思いました。システム開発や設計は、数値が少しでも異なるとすべての機能が停止してしまう、とても精密で繊細なものです。私たち開発者は厳格な目線で正確さを追求しながら、仕事を行う必要があります。そういう意味での厳しさ、妥協をしない姿勢が全社に根付いています。息抜きやリラックスする“ゆるさ”もきちんと取り入れることで、厳しい目線で開発に取り組める。

そのバランス感覚があるからこそ、良い仕事ができるんだなぁと。部署横断での積極的なコミュニケーションや、上下関係を気にすることなく会話を交わせる環境があるからこそ、厳しさとゆるさを両立できているんだなと感じますね。

諦めの悪さが結果につながる

バランス感覚とともに、『本当の責任感』も入社して実感したことのひとつです。学生時代は責任という言葉の重みを意識すことなく過ごしてきましたが、社会に出て、仕事をしていくことで責任は必ず伴うものだと身を持って学びました。自分ひとりの責任感のなさが、波及的に同僚や先輩、プロジェクト全体に影響を及ぼすこともある。責任感を常に抱きながら仕事に取り組むことが社会人なんだなと思います。

ひとつの仕事を諦めることなく責任感を持って進めていくことは僕の働く上でのこだわりとも近いものがあります。こだわりというよりも、意地みたいなものですが、とにかく諦めない。諦めの悪さこそ結果につながります。とにかくとことん手を動かす。頭を使う。こだわり抜くことで仕事の質が上がって、社会や身の回りの人たちに満足してもらえる。その満足こそが、自分の仕事の社会貢献にもつながる気がしています。

挑戦を繰り返して成長を実感

入社してまだ1年目。入社当時は社内で飛び交う用語がわからなかったり、仕事の進め方に戸惑うことも多かったのですが、周囲のアドバイスやサポートのおかげでどんどん理解も深まり、日々の成長を実感しています。とにかくわからないなりにやってみようという挑戦を繰り返して、少しずつ乗り越えるたびに次はどんな仕事が待っているのだろうかとワクワクする毎日を過ごしています。同僚や先輩方に認められることで、自己肯定感も高まり、常にポジティブに、前向きに働くことができる。そんな職場です。

自分が担当しているクラウドサービスは今後もどんどん成長していく分野だと思っています。より使いやすく、より便利なサービスが次々と生まれる未来を予想すると自分ももっと幅広い知識と技術を身に付けたいなと思いますね。現在はインフラ系を担当していますが、将来的にはアプリケーション系の仕事も取り組んで、インフラからアプリまで1人で完結できる人材になることが目標です。そのためにも諦めないという心掛けは忘れないようにしたいです。自分のように諦めの悪い仲間と一緒に働きたいなと思っています。